読売Bizフォーラム東京
講演概要

本よみうり堂×大手町アカデミア 現代VS文芸~ゲームより動画よりSNSより面白いのは「文学」だ! 文学好きと文学者が文学への愛を語るトークバトル~

阿部公彦  氏 東京大学文学部教授

待田晋哉   「本よみうり堂」店員・読売新聞東京本社 編集局文化部

開催日2021年5月20日 (木)

新聞には本を紹介する読書面があるのをご存じですか?

読売新聞の読書面は「本よみうり堂」と言います。リアルな本屋のように「店主」や「店員」がいて、新刊、話題の小説、学術書からマンガまで、幅広く紹介しています。毎週日曜日朝刊に掲載されています。

その「本よみうり堂」が新聞を飛び出して、初めてのオンラインイベントを行います!

その名も
「現代VS文芸~ゲームより動画よりSNSより面白いのは『文学』だ! 文学好きと文学者が文学への愛を語るトークバトル」

現代日本の文芸作品から60冊を厳選した連載「現代×文芸 名著60」の選者の一人、東京大文学部教授の阿部公彦さんと、「本よみうり堂」店員・待田晋哉記者が、読書への愛、現代人になぜ文学が必要なのか、などについて熱く語ります。

このイベントでは、一般からの出演者の募集や「現代×文芸 名著60」で紹介された60冊の中から自分の「推し本」を推薦する投票などの企画も行っています。
詳細はこちらのイベントページをご覧ください。

本好きの皆さんのご参加をお待ちしております。

<開催概要>
タイトル 現代VS文芸~ゲームより動画よりSNSより面白いのは「文学」だ! 文学好きと文学者が文学への愛を語るトークバトル
日  時 2021年5月20日(木)18時30分~20時
開催方法 オンライン
参加方法 前日までにメールで視聴URLをお送りします。
     ※視聴方法の詳細はイベントページをご覧ください
出演者  阿部公彦氏(東京大文学部教授)
     待田晋哉(「本よみうり堂」店員・読売新聞東京本社 編集局文化部)
     一般応募の登壇者(1~2名)
プログラム (1)オープニング
      (2)トークバトル:「推し本」への愛を語る
      (3)トークセッション:現代人にはなぜ「文学」が必要なのか
参加料   550円(税込)
申  込  こちらから
主  催  読売新聞社 (社)読売調査研究機構

※企画内容、時間などは予告なく変更になる場合があります。
※講師の急病や天災、その他やむを得ない不可抗力の事態が発生した場合には、当日でも講座を中止することがあります。

講師プロフィール

  • 阿部公彦  氏 東京大学文学部教授

    1966年生まれ。東京大文学部、同修士をへてケンブリッジ大学で博士号取得。英米詩に加え、日本の詩や小説も研究対象にしている。『文学を〈凝視する〉』でサントリー学芸賞を受賞。他の著書は『英詩のわかり方』『英語文章読本』など。訳書は『フランク・オコナー短篇集』、アルマッド『魔法の樽 他十二篇』など。NHK「100分 de 名著 夏目漱石スペシャル」出演。

  • 待田晋哉   「本よみうり堂」店員・読売新聞東京本社 編集局文化部

    1974年山口県生まれ。岡ノ谷一夫、梯久美子、牧原出著、読売新聞文化部編『本棚から読む平成史』の編集を担当。