読売Bizフォーラム東京
講演概要

「ハワイの日本語」の多様性が伝えるもの
~日系人社会150年の言語生活史(オンライン無料特別講座)

朝日祥之  氏 国立国語研究所 研究系 言語変異研究領域 准教授

岩崎拓也  氏 人間文化研究機構 人文知コミュニケーター 国立国語研究所 研究系 日本語教育研究領域 特任助教

開催日2021年12月6日 (月)

ハワイと日本の間には150年を超える「移民の歴史」があります。その中で「ハワイの日本語」はユニークな変化を遂げてきました。本講座では、残された資料を通じて「海を渡った日本語」の変遷や「ハワイの日本語」の面白さ、その背景にある移民と日系人社会の歴史にも触れていきます。
講師は、国立国語研究所准教授の朝日祥之氏、ナビゲーターを同研究所特任助教の岩崎拓也氏が務めます。

【開催概要】
タイトル 「ハワイの日本語」が伝えるもの~日系人社会150年の言語生活史
日  時 2021年12月6日(月)18時~19時45分
講  師 朝日祥之氏(国立国語研究所 研究系 言語変異研究領域 准教授)
ナビゲーター 岩崎拓也氏(国立国語研究所 研究系 日本語教育研究領域 特任助教)
開催方法 オンライン配信
内  容 (1)朝日氏による講演
     (2)朝日氏と岩崎氏によるトークセッション
     (3)質疑応答
受講料  無料
定  員 100名(定員に達し次第締め切ります)
締  切 12月2日(木)
受講方法 前日までに視聴URLをメールでご案内します
主  催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
     一般社団法人 読売調査研究機構
後  援 読売新聞社

講師プロフィール

  • 朝日祥之  氏 国立国語研究所 研究系 言語変異研究領域 准教授

    専門は社会言語学、日本語学。
    主要単著は、『サハリンに残された日本語樺太方言』(単著、明治書院、2012年)、『ニュータウン言葉の形成過程に関する社会言語学的研究』(単著、ひつじ書房、2008年)。主要共編著は、『新版社会言語学図集』(共編著、ひつじ書房、2021年)、『アメリカとハワイ日系社会の歴史と言語文化』(共編著、東京堂出版、2015年)

  • 岩崎拓也  氏 人間文化研究機構 人文知コミュニケーター 国立国語研究所 研究系 日本語教育研究領域 特任助教

    熊本県出身。一橋大学大学院言語社会研究科言語社会専攻修士課程博士後期課程修了。博士(学術)。
    専門は句読法をはじめとする表記論。代表的な論文は「接続詞の直後の読点をどう指導すべきか」『データ科学×日本語教育』(ひつじ書房2021)、「記号の使用実態とその問題点 発注者と受注者をつなぐためのカッコの活用」『ビジネス文書の応用言語学的研究 : クラウドソーシングを用いたビジネス日本語の多角的分析』(ひつじ書房2020)。