読売Bizフォーラム東京
講演概要

海を渡った「アダム・スミスの蔵書」~西欧思想の伝播と日本

野原慎司  氏 東京大学大学院経済学研究科 准教授

矢野正隆  氏 東京大学大学院経済学研究科 助教

開催日2022年2月7日 (月)

    本講座は、東京大学東アジア藝文書院(EAA)、東京大学経済学図書館・経済学部資料室、(一社)読売調査研究機構共催による「東京大学経済学図書館創設120年」「アダム・スミス文庫寄贈100年」「東京大学経済学部資料室創設110年」の記念事業「知の継承(バトン)」の一環として行われます。

 経済学の創始者として知られるアダム・スミスの旧蔵書の一部は、約100年前に新渡戸稲造がイギリスで購入し、現在東京大学経済学部資料室で保管されています。西洋から東洋へ、海を渡ったアダム・スミスの蔵書は、日本に何を伝えたのでしょうか。

 野原氏のプレゼンテーション「旧蔵書から見るアダム・スミスの知的世界」、野原氏と矢野氏によるトークセッション「近代における西欧思想の伝播の歴史~アダム・スミス文庫が私たちに伝えるもの」にご期待ください。

【開催概要】
タイトル  海を渡った「アダム・スミスの蔵書」~西欧思想の伝播と日本
講  師  野原慎司氏(東京大学大学院経済学研究科 准教授)
      矢野正隆氏(東京大学大学院経済学研究科 助教)
日  時  2022年2月7日(月) 19時~20時30分
開催方法  YouTubeライブ配信
プログラム (1)開会挨拶:石原俊時氏(東京大学経済学図書館長)
      (2)プレゼンテーション(野原慎司氏):「旧蔵書から見るアダム・スミスの知的世界」
      (3)トークセッション(野原慎司氏、矢野正隆氏):
        「近代における西欧思想の伝播の歴史~アダム・スミス文庫が私たちに伝えるもの」
      (4)Q&A
受講料   無料
申込締切  2月3日(木)
受講方法  前日までに視聴方法をメールでご案内します
主  催  東京大学東アジア藝文書院(EAA)、東京大学経済学図書館・経済学部資料室、(一社)読売調査研究機構
後  援  読売新聞社、(一社)赤門アーカイブ倶楽部

講師プロフィール

  • 野原慎司  氏 東京大学大学院経済学研究科 准教授

    京都大学大学院経済学研究科修了。経済学博士(京都大学)
    著作Commerce and Strangers in Adam Smith (Spriner, 2018)、『戦後経済学史の群像:日本資本主義はいかに捉えられたか』(白水社、2020年)、『アダム・スミスの近代性の根源―市場はなぜ見出されたのか』(京都大学学術出版会、2013年)その他、Adam Smith Review等に掲載論文あり。

  • 矢野正隆  氏 東京大学大学院経済学研究科 助教

    2006年より現職。主に日本の近代以降に生成した社会科学に関係する文献や一次資料の収集・整理・公開・保存の実務、およびこれら実務の裏づけになる知識の取得、研究に従事しています。本講座に関連する著作としては、「資料保存」(『図書館界』70(1),2018)、「メディアの保存に関する試論:デジタル・メディアを手掛かりとして」(『情報の科学と技術』66(4),2016)などがあります。