読売Bizフォーラム東京
講演概要

第6回 中央大学×大手町アカデミア
「金利のある世界」への回帰~貨幣理論で読み解こう

近廣昌志  氏 中央大学経済学部 准教授

黒井崇雄   読売新聞東京本社調査研究本部 主任研究員

開催日2024年3月15日 (金)

 2024年3月15日(金)19時から、中央大学×大手町アカデミア「『金利のある世界』への回帰~貨幣理論で読み解こう」を開催します。

  2024年は日本銀行の金融政策が大きな転換期を迎えそうです。金融政策の変更は日本経済、ひいては私たちの暮らしに大きな影響を及ぼします。

 本講座では中央大学経済学部准教授の近廣昌志氏を講師に迎え、貨幣理論を通して今の日本経済と金融政策を読み解きます。「日銀に今求められていることは何か」など、社会の関心が高いポイントについても、近廣先生がわかりやすくお伝えします。

 聞き手は読売新聞東京本社調査研究本部主任研究員の黒井崇雄が務めます。

 【開催概要】

タイトル:第6回中央大学×大手町アカデミア「『金利のある世界』への回帰~貨幣理論で読み解こう」

日時:2024年3月15日(金)19時~20時30分

講師:近廣昌志氏(中央大学経済学部 准教授)

開催方法:YouTubeライブ配信

受講料:無料

プログラム: (1)近廣昌志氏による講演(2)トークセッション(3)Q&A

受講方法:前日までに視聴方法をメールでご案内します

主催:中央大学 (一社)読売調査研究機構

後援:読売新聞社

講師プロフィール

  • 近廣昌志  氏 中央大学経済学部 准教授

    研究領域は金融論・貨幣供給理論。国債の市中消化、預貸率変動、貨幣理論などを中心に研究している。1978年広島県呉市生まれ。中央大学商学部金融学科卒業,中央大学大学院商学研究科博士後期課程修了、博士(金融学)。愛媛大学法文学部講師・准教授を経て2022年度より現職。主な出版物に「管理通貨制と中央銀行」(上川孝夫・川波洋一編著『新版現代金融論』有斐閣,第5章分担執筆)など。

  • 黒井崇雄   読売新聞東京本社調査研究本部 主任研究員

     1989年読売新聞社入社。初任地は金沢で、能登地方(七尾、羽咋)の駐在も経験。94年以降、主に経済部記者として景気分析、財政、金融、電機などを担当。2002年から3年間、ロンドン支局で欧州経済を取材。生活部長、調査研究本部管理部長、メディア局次長などを経て、22年から現職。経済を中心に幅広い分野の記事を執筆。