読売Bizフォーラム東京
講演概要

文学翻訳を取り巻くダイナミズム-谷崎潤一郎から拓かれた翻訳の可能性

片岡 真伊氏  氏 国際日本文化研究センター 准教授

井上 健氏  氏 東京大学名誉教授、東京工業大学名誉教授

開催日2024年3月8日 (金)

 第7回「日文研×読売Bizフォーラム東京」のテーマは、文学翻訳をめぐる力学、翻訳が拓く可能性です。

  谷崎潤一郎の有名な作品「細雪」が英語に翻訳された際のタイトルは、「The Makioka Sisters」という全く異なるものでした。なぜ、このようなタイトルになったのでしょうか。

  川端康成、谷崎潤一郎、三島由紀夫など、日本を代表する小説家の作品は海外でも多く翻訳されています。本講座では、英語圏で紹介されたそれらの作品の翻訳の舞台裏ではどのようなことが起きていたのか、人々がよく知る作品を通して、「言語」「文化」など様々な側面から「小説⇔ノベル」の間で起きた様々なダイナミクス(力学)について考えます。さらに、グローバリズムが翻訳に与えた影響についても議論を深めていきます。

  講師は日本近現代文学、比較文学を専門とする新進気鋭の研究者、国際日本文化研究センター准教授の片岡真伊氏が務めます。講演後には、日本比較文学会元会長で東京大学名誉教授・東京工業大学名誉教授の井上健氏と対談を行います。

タイトル   日文研×読売Bizフォーラム東京

       文学翻訳を取り巻くダイナミズム-谷崎潤一郎から拓かれた翻訳の可能性

講  師   片岡 真伊氏(国際日本文化研究センター 准教授)

       井上 健 氏(東京大学名誉教授、東京工業大学名誉教授)

開催日時   2024年3月8日(金)19時~20時30分

開催方法   オンライン配信(YouTubeライブ)

内  容   (1)片岡真伊氏による講演

       (2)片岡真伊氏と井上健氏による対談

       (3)Q&A

受講料    無料

申込締切   3月4日(月)

受講方法   前日までに視聴方法をメールでお送りします

主  催   国際日本文化研究センター(日文研)、(一社)読売調査研究機構

後  援   読売新聞社

 

講師プロフィール

  • 片岡 真伊氏  氏 国際日本文化研究センター 准教授

     ロンドン大学ロイヤルホロウェイ(英文学)卒業、ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン修士課程(比較文学)修了。総合研究大学院大学(国際日本研究)博士後期課程修了。博士(学術)。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)シニア・ティーチング・フェロー、東京大学東アジア藝文書院(EAA)特任研究員を経て、2023年4月より現職。専門分野は日本近現代文学、比較文学。近著に『日本の小説の翻訳にまつわる特異な問題-文化の架橋者たちがみた「あいだ」』(中央公論新社、2024年)。

  • 井上 健氏  氏 東京大学名誉教授、東京工業大学名誉教授

     東京大学大学院比較文学比較文化専攻修士課程修了。研究分野は、比較文学、米文学、翻訳論。神戸大学、京都大学、東京工業大学、東京大学、日本大学に勤務。日本比較文学会元会長。著書に『文豪の翻訳力――近現代日本の作家翻訳 谷崎潤一郎から村上春樹まで』(武田ランダムハウスジャパン)、編著に『翻訳文学の視界――近現代日本文化の変容と翻訳』(思文閣出版)、訳書にヘンリー・ミラー『セクサス』(水声社)などがある。